導電スプリング

Electrical Conducting Bal Spring Product

Bal Spring® 斜め巻スプリングコンタクト要素を使えば、より低温でより小さな空間でより大きなパワーを発揮できます。弊社のスプリングの独立コイルは、静的または動的電子応用における最適な導電性あるいは接地性能のマルチコンタクトポイントとして機能し、衝撃や振動があっても高い信頼性と安定した接続を確保します。熱上昇を最小限に抑え省スペースで高、中、低電流を長時間効果的に管理するBal Spring は、サイズ、重量、およびシステムの複雑さを軽減し、機器の性能をアップさせたいデザイナーにとって理想的な選択肢です。

導電スプリング実装配置

Bal Spring® 斜め巻コイルスプリングはコンタクトの一要素として、通常ハウジングマウント、またはピストンマウントとして使用されます。丸みを帯びたグルーブ(ここで示されたような)、または平らな、または「V字」底でデザイン可能です。お客様のアプリケーションに最適なグルーブのデザイン選びをサポートします。

Bal Spring® Flat Mounting Configuration
Bal Spring® V Bottom Mounting Configuration

導電スプリング導電特性

ワイヤー材質、ワイヤー寸法、コイル高、スプリング力、およびメッキ厚を含む多くの設計要因は、 Bal Spring® 斜め巻コイルスプリングの性能に貢献しています。これらをそれぞれ精密にコントロールして、お客様の希望性能に合わせたスプリングを作成します。以下は一般的なスプリングサイズと基本的導電特性の一例です。

Bal Spring® Continuous Current Range
スプリングサイズごとの直流領域
Bal Spring® Short Circuit Current Range
スプリングサイズごとの短絡電流領域

こちらの情報は規定条件下における銀メッキ銅合金 (BSE11) 材に基づきます。弊社はこちらで紹介されているものよりも、より大きな高性能ワイヤー寸法を提供してます。*直流領域はH = 25/m²K @ 40°Cで、65°C までの温度上昇が許容範囲と予測されます。値はあくまでも予測値として計算されたものです。実際値はアプリケーションごとに異なります。

導電スプリング力

Bal Spring 斜め巻コイルスプリングは一般的なコンタクト要素技術とは異なり、たわみ範囲全体にほぼ継続的に力を加え、広温度範囲下でも一貫して力を発揮します。圧縮ひずみに耐え、個々のコイルがゆがみ、耐性の変化、および接着面不整を相殺します。誘電と機械接続の両方が必要なアプリケーションには、スプリングの溝、スプリングサイズ、ワイヤー寸法、およびその他の特徴を調整し、ラッチ、ロック、ホールド、接続、ならびに切断にかかる力を正確にコントロールできます。

Spring-energized Force Graph
Bal Spring® Compression Diagram

導電スプリング材質 & 装備

Bal Spring® 斜め巻コイルスプリングのコンタクト要素は、機械および電気的特性の秀悦な組み合わせである、プレミアム銅合金とステンレススチールベースのワイヤー材を用いて精密に作られています。弊社の銅合金は導電力が高いため、多くのアプリケーションで装備なしで利用できます。同一のスプリング寸法で銅と比較した際に、単位圧縮力あたりの値が高い弊社のステンレススチール材の性能は、より誘電性のある金属でメッキ加工することで向上させることができます。

Bal Spring ワイヤー材質 :
  • ステンレススチール (302, 316, 316L)
  • ベリリウム銅合金 25
  • ジルコニウム銅合金
装備オプション :
  • ニッケル
  • スズ

メッキ加工された Bal Spring は、湿潤環境または腐食環境、もしくは高い導電性が必要なアプリケーションでより有効です。MIL 標準またはその他のスペックにスプリングを固定できます。高伝導性条件には通常銀が最適ですが、腐食および摩損の可能性を考慮することも重要です。耐腐食性を更にアップさせるため、銀メッキ Bal Spring のコンタクト要素に保護コーティングを施しています。

 スプリングのサイズ

Bal Spring 斜め巻コイルプスリングは、様々な長さ (簡単な物から複雑なグルーブ構造まで) から選べ、.76mm ID からのリングに溶接可能です。各スプリングはお客様のアプリケーションの条件に合わせて設計されるため、「標準」サイズや種類はご提供していません。ただし、よくある寸法やクロスセクションのデータベースを保持し、スムーズなカスタム設計の基準として活用しています。

Conducting Spring Sizes

こちらの表は、一般的なスプリングの寸法図としてのみの目的で提供されます。ワイヤー径、ワイヤー材質、コイル幅、コイル高、コイル斜度、スプリング ID/OD、ならびに装備を含むスプリングの特性は、最高の性能を実現するために精密にカスタム設計できます。

導電スプリング・オリエンテーション

Bal Spring® 斜め巻コイルスプリングは、アキシャルまたはラジアル形状に設計できます。これにより、お客様の設計における力の方向を最適化し、効果的で長いサービス寿命を確保することができます。ハウジングおよびピストンマウントデザインには、通常ラジアルスプリングがお勧めです。アキシャルスプリングは表面実装インストレーションに特化することがほとんどです。

ラジアルスプリング

ラジアル斜め巻コイルスプリングは、中心線に対して垂直に弧またはリングのラジアル方向に圧縮します。

Bal Spring® Axial Spring Diagram
アキシャルスプリング

アキシャル斜め巻コイルスプリングは、中心線に対して平行に弧またはリングの軸方向に圧縮します。

Bal Spring® Radial Spring Diagram

サービス条件、スプリング構造(長さ、またはリング)、ならびにその他の要素によって、こちらのデザインに差異が生じます。弊社のエンジニアが、最高の性能を発揮するスプリング・オリエンテーション選びをお手伝いします。

一つの部品で三つの機能

機械
接続
導電接続
& 接地
EMI
シールディング

Bal Spring® 斜め巻コイルスプリングを利用して部品を機械的にラッチ、ロック、またはホールドするデザイナーもいます。EMI/RFI に対するシールディングとしても利用されます。更に弊社のスプリングは電気の導電および接地にも活用されます。お客様の使用方法を問わず、性能を高め、信頼性を向上し、競争力を獲得します。

導電スプリングのアプリケーション

技術リソース

製品カタログ

Bal Seal Engineering Connecting and Conducting Solutions

用途速報

Bal Spring®Canted Coil Springs for Electromechanical Applications

技術レポート

Properties of standard Bal Spring® canted coil spring materials

Custom components that drive tomorrow’s technologies.

Copyright © 2019 Bal Seal Engineering

Custom components that drive tomorrow’s technologies.

Log in with your credentials

Forgot your details?