当社はあなたの革新パートナーです

当社はカンテッドコイルスプリングメーカーを超える会社です。当社独自の Bal Spring® カンテッドコイルスプリング技術と材質科学の専門知識を応用して、当社は OEM およびそのあらゆる場所のティアサプライヤーに革新的な特製シール、接続、導電と EMI シールドおよび接地ソリューションを提供します。

他のカンテッドコイルスプリングメーカーと当社を差別するのは、当社の顧客が技術を前進させることを可能にする新しいソリューションを絶えず作り出す当社の熱望です。多くの場合、当社は業界標準の作り直し、または新規の作成を支援してきました。当社の熟練したエンジニアがお客様と緊密に協業して、新しいソリューションを迅速に適用し、新しい材質の開発も行い、お客様の特定の用途および製造のニーズを満たします。

Co本日、当社にご連絡いただければ、Bal Spring® カンテッドコイルスプリング技術がお客様の機器性能を向上し、技術開発を進め、製品を市場に早く出すお手伝いができることを知っていただけます。

当社の革新の歴史

困難な問題が革新的ソリューションに出会うと、偉大な会社が生まれます。それが、シーリング、接続、導電および EMI/RFI シールドソリューションの世界中の OEM への大手供給者である Bal Seal Engineering, Inc.の背景にあるストーリです。

当社のコア製品はスペインのカタロニア出身の若いエンジニアで企業家の Peter J. Balsells によって 1951 年に着想されました。クリティカルな航空宇宙シーリング問題に直面して、Balsells は知識およびインスピレーションを応用してポリテトラフルオロエチレン(PTFE)の独特な機械的特性を精密加工したスプリングと組み合わせる新しい技術を考案しました。従来の弾性 O リングより性能が優れ最も過酷な用途要件を満たす、Balsells の発明は Bal Seal® スプリングエナジャイズドシールとして知られるようになりました。彼のエナジャイザーコンポーネントである Bal Spring® カンテッドコイルスプリングは接続および EMI/RFI シールド/接地用途において有効であることが証明されました。様々な種類の金属で作られた筐体に組み込まれる場合、スプリングの独特な電気的および機械的特性が Bal Contact™ コンタクトおよびコンタクトシステムの開発へ導きました。

1958 年の粗末な開始から、サンタアナの南カリフォルニア市に小さい製造施設を作るまでに成長しました。1971 年には、ヨーロッパに初めて製品を輸出しました。1994 年には、オランダのアムステルダムにヨーロッパ子会社を設立しました。

1998 年には、米国カリフォルニア州フットヒルランチに 1,350 平方メートルの施設である現在の世界本社に移転しました。製造は 2007 年にコロラド州のコロラドスプリングの 2 番目の米国の場所で開始しました。2008 年には香港の販売事務所の開設によってアジア市場への拡張を示し、2011 年にはチェコ共和国、2013 年にはドイツ、英国には 2014 の販売拠点によってヨーロッパに拡張しました。2014 年にはコロラドスプリングに新しい 13,950 平方メートルの施設を開設しました。

現在、当社は 500 人を超える従業員までに成長し、栄えている組織です。医療、自動車、航空宇宙および多くの産業に役立つ専用の製造拠点を持っています。

Balsells の当初の革新はなお製品ミックスの重要な部分ですが、当社は技術の進歩とグローバルビジネスに重要な役割を果たす、新しいソリューションと材質を絶えず開発し続けています。